収入がなくても借りられるか?

無収入でも借りれる?

すぐ借り最新情報|HOME > 収入がなくても借りられるか?

収入がなくても借りられるか?

自身に収入がないという方でも、キャッシングを利用したいという人は大勢います。
一定の収入があること、というのが一般的なカードローンの利用条件として知られています。
ですから大抵の方は、収入がないというだけでキャッシングは不可能だと考えてしまいます。

しかし実際には収入がなくても借りられる場合もあります。
それは専業主婦の方がキャッシングをする場合で、銀行系のカードローンに限られます。
2010年に施行された貸金業法の改正により、借入れ総額が自身の年収の三分の一を超えることはできなくなりました。

この総量規制の実施で、大きな社会問題だった消費者への過度の融資に歯止めがかかるようになりました。
しかし専業主婦にとっては、貸金業者である消費者金融などからの借入れは実質上不可となったのです。
ただ銀行は総量規制の対象ではありません。
よって銀行が母体となっているカードローンの場合は、専業主婦でもカードローンが利用できるというわけです。

もちろん専業主婦は誰でもオーケーというわけではなく、配偶者が職についており安定した収入があるということが前提となってきます。
限度額は少額なので借りすぎるリスクも少なく、また金利が低めなので利用しやすいのではないでしょうか。
それから収入がないというケースでは、生活保護を受けているパターンがあります。
生活保護は安定した収入とみなされないのか、という人もいますが、そうではありません。
生活保護の支給はずっと続くとは限りませんし、キャッシングでお金を借りれば生活保護費が返済に充てられることになります。
このような点から、生活保護を受けていて収入がない人は融資を申し込むことはできません。

 

>> 来店不要で即日融資のカードローンを紹介しています。詳細はこちら