ブラックリストに載る条件とは?

ブラックリストの内容

すぐ借り最新情報|HOME > ブラックリストに載る条件とは?

ブラックリストに載る条件とは?

よく耳にするブラックリストという言葉をご存知でしょうか。
実際に一覧表になったリストがあるわけではなく、個人信用情報に特殊な記録が付いていることを指しています。
記録上、金融事故があったことが示されていると、ブラックリストに載っている状態となるわけです。
金融事故とは3ヶ月連続の延滞履歴や、何度にもわたって延滞が繰り返された事実があるような場合です。
これらの情報はその後5年にわたり事故情報として記録が残ることになります。

また自己破産や民事再生、特定調停などの法的債務整理を行った場合は、その記録は7年間残ってしまいます。
ブラックリスト入りしている状態でキャッシングの申し込みを行っても、審査に通る可能性はまずありません。
過去にお金を借りて返せなかった事実があるわけですから、新規の融資を断られるのも無理のないことです。
カードローン会社がもっとも恐れているのは貸し倒れのリスクといえます。
カードローンでのキャッシングというのは、担保も保証人もなく信用だけを頼りにしている融資です。
ブラックリストに載っているということは、この信用が著しく失われる不利な条件となるのです。

ただブラックリストに載ってしまっても、上記の記載期間を過ぎている上に現在安定した収入を得ている場合は、再度申し込みをして融資を受けられる可能性はあります。
もし審査に通り借入する場合、同じ過ちを繰り返さないよう十分な返済計画を立てることが大前提となります。

 

>> 来店不要で即日融資のカードローンを紹介しています。詳細はこちら