キャッシング利用による他ローンへの影響について

キャッシングによるデメリットとは

すぐ借り最新情報|HOME > キャッシング利用による他ローンへの影響について

キャッシング利用による他ローンへの影響について

キャッシングを利用していると、他のローンに影響が出るか心配だという声も多く聞かれます。
実際にはキャッシングしているというだけで、ローンの利用に際して不利になるということはありません。
しかしキャッシングの利用状況によっては、何かしらの影響が出ることもあり得ます。
あまりにもキャッシングの借入残高が多額であったりすると、他のローンを申し込む際に審査が厳しくなる可能性もあります。
住宅ローンをはじめとするローン商品を申し込むときには、個人信用情報が照会されます。

ここではキャッシングの借入れ履歴や返済状況が、過去数年に遡ってチェックされます。
ブラックリスト入りしている場合はもってのほかですが、そうでなくても借入件数や金額に問題ありとみなされれば、不利な条件となります。
金融機関にしてみれば、借金を繰り返している人に積極的に融資をしたくないのは当然のことといえます。
特に審査が厳しいといわれる住宅ローンでは、場合によって融資不可となったり、満額融資が得られないケースもあります。

また融資する条件として、現在利用しているカードローンの契約解除を提示されることもあります。
住宅ローンの申し込みに際して最も望ましいのは、キャッシングの借り入れ分は全て完済している状態です。
さらに利用がなくても保有しているカードローンがあれば、すべて解約しておくと安心です。
現在借入がなくても利用枠を持っているだけで、借入総額としてカウントされるので不利になってしまいます。
あらかじめ期間に余裕を持って借入状況をクリアにしておくことが、新規ローンの申し込みには有利といえます。

 

>> 来店不要で即日融資のカードローンを紹介しています。詳細はこちら