総量規制についてわかりやすく説明

総量規制について

すぐ借り最新情報|HOME > 総量規制についてわかりやすく説明

総量規制についてわかりやすく説明

カードローンを利用するとき、総量規制という用語について理解しておくと、自分に合った商品を選びやすくなります。
総量規制とは平成22年の賃金業法改正で定められた、借入額の総額を規制する法律のことです
当時問題となっていた過度の個人向け融資に歯止めをかけるために施行されました。
この総量規制により、自身の年収の1/3を超える場合は借入れ不可となりました。
この数字には消費者金融などのカードローンを使ったキャッシング分は全て合算されますが、クレジットカードでのショッピング利用は含まれません。

また銀行が提供する住宅ローンや自動車ローンなどの貸付についても含まれません。
銀行は貸金業者には入らないので、総量規制の対象とはならないのです。
銀行が提供しているカードローンも同様に、総量規制の対象外となっています。
消費者金融やクレジット会社のカードローンキャッシングは総量規制にカウントしなければなりませんが、銀行系カードローンは違います。

つまり、消費者金融などからの融資を諦めざるを得なかった無収入の専業主婦の方なども、銀行系なら申し込みができるということです。
銀行系カードローンは一定額まで、配偶者の同意も、収入証明書の提出も不要です。
金利も低いものが多いので、主婦の方にも人気となっています
また大口融資を希望する方やおまとめローンを検討している方にも、借入額に制限のない銀行系カードローンは最適となっています。

 

>> 来店不要で即日融資のカードローンを紹介しています。詳細はこちら